観たのできろく

とあるオタクの観劇記録

舞台かぶりと欲望にNOということ

今までは見る専だったのですが、5月6月とひと仕事終えたので己の反省をのためのブログを書きます。

反省文なので読んでも面白くないです。すみません…


結論は、NO!という勇気はめっちゃ大事。ということです。


今月は観たい舞台、観なきゃならない舞台、誘われたので観る舞台、もろもろ被りすぎておりました。

仕事が休みの日、仕事のあと、有給も取って観劇観劇、まあ楽しかったんですけどお財布は軽くなるし、体力消耗するし、付き合い悪くてリアルの友だちは減るし、で代償が大きすぎましたね。もうこんな事しないと誓いたい。

では何故こんなことになったのか。


①誘われたらホイホイついていく

これは本当にいけません。

ですが私はオタク仲間に「連番しよ!」って誘われたら基本的に断れないオタクです。だってお友だちと観劇した後に語るのって楽しいじゃないですか。推しが出てないならなおさらです。誘いに乗ったおかげで出会えた素晴らしい作品もありましたし。

ちなみにここで言う「誘われた」は1公演のみの話ではありません。


推しの舞台出演告知が遅かった

上記①の「誘われた舞台」にOKを出した後に推しの舞台出演が決まりました。

日程が被っているが、行かないという選択肢はない、かと言ってオタク仲間の誘いを断ることもできない。私は公演期間はぜったいに残業しないことを誓い、①と②両方を選ぶことにしました。


③行きたい舞台もあった

推しは出ない、誘われてもいない。でも行きたい!!!!!

正直1番モチベーションが高かったのはこれです。単純に私が行きたいだけなので、行かない、減らす等の選択をするならここしかない、でもモチベーションは限りなく高い。

私はぜったいに当日券等でこれ以上チケットを増やさないと誓い、この作品も観に行くことにしました。


結局どの作品も行ったことに反省はしても後悔はしていません。推しの舞台もそこそこ通えました。

お金も時間も体力もだいぶ奪われたけど…とはいえ普段から全通している人にしてみたらその辺りは大したことないと思います。


ですが、

どの舞台が本日のマチネでソワレはどちら?ていうか移動間に合う?パンフ買ってないのどの舞台だっけ?????

みたいな脳内大混乱はもうしばらくは遠慮したい……

そもそも長くこの趣味を続けるなら自分のわがままな心にNO!と言えるようにならなきゃダメなんだと反省しました。



反省したのですが、反省した矢先にさっそく夏の舞台がたくさん被りそうなのでいま頭を抱えています。


(勝手にフォントサイズが変わってる部分があって気持ち悪いんですけど直し方が分からないのでそのままです)