推しの数のひとつになりたい話

もぅ、ちょっと公式ぃ!儲かるからってランブロ地獄はやめてーー!!!!!!!!(でもそういうとこ好き♡)


こんにちは。
先日プレゼントについての記事を読んで、あ〜わかるなあプレゼントって難しいなあっていろいろ考えました。


結局はプレゼントもお手紙も、ファンから与えるものって全部押し付けなのかなって思います。
だって親しい友人やよく知る人ならまだしも、舞台上と客席だけの関係でいる相手を喜ばせるなんて無理難題!


これはあくまで私個人の極端な考え方ですが、プレゼントに限らず、手紙やコメント、リプライ、祝い花って多少は相手のモチベーションに左右するけれど、なくても困らないって程度のものだと思ってます。

それらを送らないって選択肢だって確かにあるし、むしろ扱いに困るプレゼントや不愉快なリプライを貰った時の方が相手は困るのかもしれない。


でも私はプレゼントを贈るし手紙も書くし、コメントもリプライも送ります。あ、お花はいつか出したい。
贈ったプレを推しくんが使おうと使わなかろうと贈りますし、リプライだって見てないかもしれない、手紙も読んでないかもしれない。
それでも送ります。

私が貴重な(笑)自分の時間を消費してまでそれらの行為しているのは、推しくんの数のひとつになりたいからです。

数ってなんやねんって話ですが…ここではリプライを例にします。
昨今のSNSブームにおいて、若手俳優のひとつのツイートに何件リプライが来ているか、フォロワー数はどの程度か、それって酷く現実的で手っ取り早く計ることができる人気の指標ですよね。そんな指標がネット環境さえあれば誰にでも見えてしまう。

その人のファンの規模がどの程度かなんて、リプライの数やフォロワー数でどんな人にだって何となく想像できてしまう。

リプライ数=ファンの数、なんて訳ないのはオタクであれば察しがつくことですが、果たして俳優側(本人や事務所や制作)はそう思っているかわからない。

なので私は推しくんにリプライを送ります。
少なくともひとりのファンが彼のツイートを楽しみにしてるって伝えたいから。
複垢つくってリプライ送りまくればいいじゃんってのは言わないであげてくださいね!)


手紙だってプレゼントだって、たとえ推しくん本人がその数を気にしなくても、事務所側や仕事相手は気にしているかもしれない。
突飛な話、それで新しい仕事が入るかもしれないし、入らなくなるかもしれない。

推しくんと誰かを天秤にかけたとき、実力は五分五分でもリプライや手紙をたくさんもらってて、人気がある方の俳優にしようってことになるかもしれない。


なので私は推しくんの数のひとつになりたいです。推しくんを心から好きで、彼のこれからの活躍を楽しみにしている人間の数のひとつになりたい。
推しくんのファンというひとりの人間の数を伝える術のために、読まれるかもわからない手紙を書いて、使われるかもわからないプレゼントを贈り、同担にヲチられるかもわからぬリプライを送ります。

そうして自分のエゴや欲求を押し付けているのは重々承知なので、せめてもの礼儀として、どれもちゃんと心を込めてそれなりの物を送ります。
たまに推しくんが「お手紙やプレゼントありがとうございます。」って言ってくれることを糧にして。







こーーんな殊勝なことを書いちゃってますが結局はプレ使ってくれたら嬉しいし私信くれたらハッピーです!!!
ファンが増えまくって「もういいよね」って感じたらきっと止めるし。


そんな訳で今日もプレゼントを探し歩いてました。
しかしいいプレ見つからない〜〜〜!!お願い!!推しくんパーソナルカラー診断を受けてその結果を私に教えて!!?


【追記】
好きな方のブログ記事を読んで言葉不足だったと思い追記します。
上記についてはチケットを買って舞台に通う、ブロマイドや個人グッズを買う、アンケートで俳優の名前を出すというのが前提のお話です。